ページの先頭です

コラム

車で雨樋を壊してしまった…どうすればいい??

・車庫にバックで車を入れる時に不注意で縦樋を壊してしまった
・車庫から出る時に雨樋に気づかないで踏んづけてしまった
・配送の仕事中に路地を曲がったら雨樋が出っ張ってて他人の家の雨樋を壊してしまった

このような不注意で雨樋の破損を破損してしまた例は良くあり、弊社にもたくさんのご相談があります。

そんな時、まずは慌てないで、落ち着いて冷静に。
対人ではないとはいえ、他人の物を壊してしまうと人間なら一瞬パニックになってしまうものです。
「たかが雨樋」です。簡単に修理はできますので、大丈夫ですよ。

ここではそのような案件で弊社がご依頼され修理をした雨樋のビフォーアフターをご紹介いたします。

①他人の家の縦樋を車でぶつけて壊してしまった

1-1 1-2

②自分の家の車庫に車をバックでいれた時に縦樋を壊してしまった

2-1 2-2

③対向車が来たので車を端に寄せたら、店舗の雨樋を壊してしまった

3-1 3-3

また各々で加入している車の保険会社にも相談をしてみるのもよいと思います。
自動車保険が適用されるのであれば、自動車保険の使用も視野に入れて検討をしてみるのも良いと思います。

内野 友和

この記事は私が書いています。

1979年生まれ。一級建築板金技能士。
父・内野国春の元で建築板金の修行を始め、2014年より代表となり家業を受け継ぐ。

20年以上、約5000件の現場経験で培った技術と知識で、建物の屋根・雨樋・板金・外壁工事を通じ、地域の皆様のお役に立てるように努力しております。

ページの先頭へ

雨どいでお困りならお気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ
スマートフォンサイトを見る